イラレ幼稚園


ずは描いてみましょう


おしながき

Illustratorを使う
円を描く
楕円形を描く
四角形を描く
絵を回転させる
線を引く
三角形を描く
直角三角形を描く
色を付ける
枠を消す
枠に色を付ける
枠を破線にする
レスキュー
多角形を描く
星を描く
渦巻きを描く
角の丸い四角を描く
図形を変形させる
レスキュー2
次回予告

Illustratorを使う

Illustrator9を起動します。

とりあえず、こんなのが出てますよね。ありますよね?
これをメインに使ってモードを切り替えていくので、見つからないと困ります。
名前はツールボックスらしいです。
これ書くためだけに調べましたよ。えっへん。

円を描く

んでは、何か描いてみましょう。はじめは円を描きましょうか。¥じゃないですよ、丸ですよ。
円を描くには、楕円形ツールを使います。

ぽちっとクリックして楕円形モードにします。

楕円形モードになると、カーソルがこんな感じになります。
円を描きたい場所でクリックします。

楕円形というメニューが出ましたね。
幅と高さを指定できます。まん丸を描くには幅と高さが同じじゃないとダメですよ。指定したらOKボタンを押しましょう。

さくっと円が描けましたね。
ターゲットを外して円を確定します。

これで円はあなたのものになりました。

楕円形を描く

次は一度確定したこの円を楕円形に変更してみましょう。
一度描いた絵が簡単に変えられるところがIllustratorの売りなのです。
選択ツールを使って円を選択します。

この状態から、アンカーポイントを探します。

この位置です。

このポイントをドラッグします。ぐい〜っと。

適当な所でぱっと手を離すと、楕円形のできあがり。

じつは、はじめから楕円形を描くこともできるのです。
描きたい場所をクリックではなく、ドラッグすることで楕円形が表示されます。

左上から右下に向かってドラッグします。

適当なところで手を離します。

確定すれば楕円形のできあがり。簡単ですね。

四角形を描く

じゃ、次は四角にしましょうか。
四角を描くには、長方形ツールを使います。

四角のときも、このカーソルです。

四角を描きたい場所でクリックします。

長方形メニューが出ましたね。
今度も幅と高さが指定できます。やっぱり正方形にしましょうか。指定したらOKボタンを押します。

正方形を長方形にするのも、やっぱりこのポイントです。

ぐい〜〜っとドラッグします。

手を離してできあがり。

はじめから長方形を描くには、ドラッグして描きます。

左上から右下に向かってドラッグします。

適当なところで手を離します。

確定すれば長方形のできあがり。

絵を回転させる

今度は描いた絵を回転させてみましょう。
とりあえず長方形を用意します。

選択ツールで長方形を選択します。

角のところにカーソルを重ねると、こんな感じにカーソルが変わります。

このポイントをドラッグします。ぐるっと。

ぐるぐる回すのに飽きたら手を離します。

気に入らなかったら何度でもやり直せるので、気が済むまでやってください。確定して終了します。

線を引く

この調子で、次は線を引いてみましょうか。
じつはイラレでは線が引けるんです!という真実を知るのに1年以上かかりました。ずっと線は引けないと信じてたので・・・。
そんな私に給料を払い続けていた会社に敬礼!
はい。線を引くには、ペンツールを使います。

クリックしてペンツールモードにしましょう。

このカーソルがペンツールです。

線を引きたい始点をクリックします。ぽちっと。クリックしたところに、ぽっちが見えますよね。

確認できたら、終点をクリックします。ぽちっ。

確定してできあがり。まあ簡単。

三角形を描く

じゃあ、じゃあ、次は三角にしましょう。
三角はですねぇ。本当は簡単な方法があるんですけど、後で教えます。まずは難しい方法から勉強しましょう(なぜ

まずは線を引きます。ここまではできますよね。

今度は確定せずに、さらに3番目のポイントをクリックします。なんとなく三角が見えてきました。

そして始点にマウスを重ねます。

カーソルの右下に○が見えますよね。すごくちっちゃいですけど。

○印が出るところでクリックすると始点と終点が結ばれて、線が図形になります。
クリックする場所がずれてたら、ただの曲がった線になるので注意です。
ここでまる秘情報!
繋がってない線をオープンパス、線が結ばれた状態をクローズパスって言うそうです。
これは私がイラレを2年かけて使って調べ上げた重要情報ですけど、たぶん次のテストには出ません。
どうでもいいですね。

直角三角形を描く

おまけに直角三角形を描いてみましょうか。

さくっと四角を描きます、

カーソルをペンツールに変えます。

四隅のひとつをクリックします。

角をクリックしたら、ぎゃふんと言いながら角が取れちゃいます。

ほら、直角三角形になったよ。

色を付ける

色を付けてみましょう。とりあえず四角を用意します。

で、その四角を選択します。

選択した状態でカラーバーをぐりぐり動かします。

RGBは分かりますよね?分からない人はエラい人に教えてもらってね。


枠を消す

枠の黒線を消してみましょうか。

この線(クリックして設定)ていうところをクリックします。

順番が入れ替わりましたね。

線が前にきた状態で、このなしのところをクリックします。

赤の斜め線になりました。これは色を付けないという意味です。

ほら、すっきり。

枠に色を付ける


逆に枠線に色を付けてみましょう。RGBをぐりぐりします。

枠線の幅は少し下の、線幅というところで指定します。

枠を破線にする

さらに破線にしますよ。

隠れているときは、オプションを表示をクリックして破線メニューを出します。

破線メニューですよ。

破線のチェックボックスににチェックをいれるだけ。

ほら、破線になったよ。

レスキュー

RGBのカラーバーがグレースケールになっちゃった、というときの直し方。

オプションメニューを開くと、グレースケールにチェックが入っているはずです。
なので、その下のRGBをチェックすればOK。

何事もなかったかのようにカラーバーが戻ってきました。

後はお好みの色でどうぞ。

多角形を描く

悪趣味な多角形を描いてみましょう。

楕円形ツールのところをずーっと押しっぱなしにすると、こんな隠しメニューが出てきます。

多角形ツールを選択しましょう。

多角形もこのカーソルです。
描きたい場所でクリックします。

多角形メニューが出ました。半径と辺の数が指定できます。半径50ptと6辺にしましょう。

六角形ができました。

これもターゲットを外して確定します。

十角形でも辺の数を10にするだけで簡単にできてしまいます。と、いうことは・・・。

辺の数を3にすれば三角形ができるのです。こっちの方が簡単ですね。あはは。

星を描く

調子に乗って他のツールを使ってみましょう。

スターツールを選択します。

描きたい場所でクリックするとスターメニューがでます。オプションを設定してOKボタンを押します。

名前の通りスターができました。

渦巻きを描く


おまけにスパイラルツールもやってみましょう。

同じようにクリックしてスパイラルメニューを出します。

もう予想通りですね。アンモナイトぐるぐる巻きができます。

角の丸い四角を描く

次は角丸長方形ツールです。

もう説明面倒くさいな。

わかりますよね?

こんなのができます。

図形を変形させる

さて、基本的な図形が描けるようになったところで、イラレらしいことをしましょう。
むしろここからが本番です。

まずはこんなイラストを描きます。誰が見ても高層ビル群です。え?見えない?
誰が見ても高層ビル群な四角いイラストを選択します。

このタイミングでスムーズツールに切り替えます。
そして誰が見ても高層ビ(ry
屋上付近をガリガリします。ガ〜リ、ガ〜〜リ。

するとガリガリするたびに角が取れて丸くなっていきます。
調子に乗って隣もガリガリしてみましょうか。

すっかり丸くなりました。
続いて消しゴムツールを使ってみましょう。

消し去りたいビルをクリックします。

スパッと消えました。

ビバ消しゴム!

レスキュー2

四角形を描いてるのに、こんなのしか出ないというとき。

スタイルを確認しましょう。
この場合ビザーロが設定されてるようです。

初期設定を選択します。

ほら、元通り。

これで泣かなくてすみますね。

次回予告

次回は先生取材のためお休みします。

イラレ幼稚園 CYBER RIDDLE